パパ募集~パトロンのような彼との出会いを探す~

困っている方必見!困っている人を助けすぐ出会いを見つけ出し利用できるパパ募集サイトの決定版です

メインイメージ

セフレ募集 また私たちが気づかない巧妙な詐欺を行うというような社会になってしまっています

2016-04-14

誰よりも先に、重苦しい空気をなくすようにしゃべり始めたのは、35歳で現在はヒモ生活を楽しみながらホストとして働くAさん。
「最初は雑誌やなんかで見かけて、何気なく始めたんですけど、ハッキリ言えば、出会えることは出会えます。でも、こう言うのもはばかられるんですけど、正直外見的に難しくて、体型がゆるんでたり、すごく年上だったり、…これらの感想には、「ちょっと中傷がすぎないか」と驚いたものの、Aさんの体験談に、4人もすごく納得していました。
整備会社に勤務しているBさん「結局のところ、出会い系サイトで知り合うような、ハンネしか分からないようなやつに、なんでコンタクトとるかっていうと、とにかく男なら何でもいいってことですよね。言っちゃうと、ゲテモノばっかりってこと。期待に胸ふくらませて約束の場所に向かったら急に悪寒が走りますね。」
化粧品会社で企画をしているCさん「その次はなかったんですが、変装した男性にとっ捕まりそうになって血の気が引いたよ。
Dさん・E君については、笑いつつ、「しょっちゅではないですけど、人外レベルに出くわすことがありますね。」と覚えがある様子。
その次は、連続して主観的であり客観的でもある様子で話し始めた五人でしたが、分かる限りでは、約束を取り付けられたとしても、出会い系サイトにいるのは手軽にセフレを作るなんてできないことが、五人全員にとっての見解のようです。
出会い系サイトのアプローチは止まることがなく、むしろ事あるごとに改悪の一途をたどっています。
初めて知ったという人の中にも知っている人などから「迷惑メールがおっかないのでアドレスを手直ししました」というニュースを以前に受け取った経験のある人は多く行われていると感じました。
あのような迷惑なメールの被害は、出会い系サイトを利用する人の年齢を求めることによってより厳しくなっていて、ヒドいときには一人の人に一日に約百件もの迷惑メールを送ってくるインターネット業者も出てきました。
「それなのに、どうして、インターネットサイトに対する取締りはコントロールされないの?」と疑問に思う方も大多数いると思います。
ましてや、架空請求といった違反行為をおこなったのであれば、そんな感じの出会い系サイトはコントロールしなければなりませんし、インターネットサイトの上に存在して、許されるサイトではありません。
さりとて、取り立てて、犯罪に該当するものをまるで、おこなっていないのであれば、今のルールでは、出会いを楽しむサイトも子供厳禁のサイトも運営を停滞させる必要がないのです。
たくさんのメールを強制的に送ってくる会社にしても、誰が見ても公然とした犯罪行為を反復しているように見る事も出来るですが、現に、法律行為には違反していなかったり、コントロールしようにも、相手の存在が見つけられなかったりするのです。
E「なんていったらいいか、見た目のとおりオネエだから男との出会いなんてあんまりなくって。セクマイだし、自分から出会い系サイトを物おじせずに活用しないと」
B(せどりで儲けようと画策中)「Eさんがきっかけで今までのを振り返ってたら」
筆者「つまり、どんなことがあったんですか?」
「僕の話をしますと、二回目はなかったんですが、女の人と思ったらオカマだったこと記憶にあります」
動揺するメンバー。
A「俺もびっくりしちゃって」
B「本当に会ったんですか?僕ぐらいしかないだろうと。匿名で使えるので、多くの男性同様、異性との出会いを期待して始めたんですけど、空いている時間に公園に着いたら、モデルみたいな身長の頑丈そうな男性が待ち構えてて、ちょっと事態が飲み込めなくてオロオロしてたら、向こうの方からアポ取った○○さんですか?ユミですって声かけてきて」
筆者「オカマに対面した…なんて表現は口にしづらいんですがネカマに騙されたとか、会ってみたら全然違う人がいた方、このメンバーでは何人くらいですか?」
名乗り出てもらうと、なんと四人のうち三人も、記憶にあると教えてくれました。
筆者「出会い系サイトというと、男女が利用する印象ですが、女性になりすました同性愛者やトランスジェンダーもたくさん出会いを求めているんですか?」
E「そうよ。じゃないと出会いなんて見つかりっこないから、ウソをついたって利用する。わたしだって実行してる」
とりわけアクの強い五人が集合し、それからしばらく、熱のこもった議論がなかなか終わりませんでした。
出会い系サイトによっては、性別によらずカップルになることを欲しい人たちが性の多様性が求められる中で増加しているとのことセフレアプリ
このご時世「出会い系サイトよこの世から退場してしまえばいいのに」といつも激怒している人も星の数ほどいらっしゃるかも知れません。
少し前から迷惑メールに、エッチな写メを平気で添付して送信してくる業者も増えてきましたし、男性がターゲットだけではなく、男性でないにもかかわらずメールを受信させられる女性の数がずいぶん多くなってきたようです。
それだけならまだしも、出会い系サイト内で粗悪で悪質なサービスを提供する業者が困っている人のための義援金を使った詐欺をするような行為が問題になりました。
こんな今だからこそ、「どうしてこれほどまで多くの汚点ばかりの出会い系サイトが、早く消えてくれないのか」と本当の気持ちを思うのもやむを得ないことかと思います。
にもかかわらず、出会い系サイトの業者という者達は、たたきつぶしてもたたきつぶしても、見たこともない業者が数多く登場し、また私たちが気づかない巧妙な詐欺を行うというような社会になってしまっています。
さらに、他人をごまかし自らの利益を追求しているような存在であったとしても、なんとまだ法律では法の網に引っかかっているものもあり、出会い系をはじめとしたサイトや、エッチな情報サイトも、その微妙なラインを超えない限りは、厳しく接することが出来ません。
出会い系サイトが悪事が働けないようにするためには、法律を抜本的に、変えなければならないのです。

アーカイブ

プロフィールはこちら

スマホ・モバイルはこちら

プロフィール

管理者:
お問い合わせ
Copyright© 2014 パパ募集~パトロンのような彼との出会いを探す~ All Rights Reserved.